薬剤師として転職しました

上司が嫌で、薬剤師で転職を決意

薬剤師 転職 | 薬剤師求人・転職・募集

薬学部を卒業後、地元で就職しました上司が嫌で、薬剤師で転職を決意無事育休も取得できそうな環境で大満足

正直なところ、当時の上司が嫌で薬剤師として働くことのやりがいや楽しさが分からなくなってしまっていたのですが、ブランクがあると再び薬剤師として働きたいと思っても採用されにくいことがあるという話も教えてもらったのです。
すぐにではありませんが、数年後には結婚して子供もほしいと考えていたので、今別の職業に就いて育児が終わってから復職するよりも、育休を取得して復帰するほうが確実だという話をしてもらいました。
確かにそうかもしれないと感じたので、薬剤師専用の求人サイトで転職先を探すようにしたのです。
色々な求人がありましたが、希望する勤務地や待遇などを考えると、面接を受けたいと思う場所は2か所しかありませんでした。
もしも、面接を行って受かったとしても、また同じように嫌な上司や先輩がいるかもしれないと考えると迷いが生じましたが、信頼できる元上司との話を思い出してエントリーしたのです。
書類選考はどちらとも通過し、面接を行ってもらえることになりました。
先に面接を受けたほうは、少し希望する勤務地からは遠いですが待遇が良いという特徴がありました。
面接では様々なことを聞かれたのですが、退職理由を聞かれたときは上手く答えることができなかったように感じます。
事前にその薬局の特徴を調べておいたので、前の会社との違いやスキルアップできそうなことを述べることができたのですが、本当の理由ではないからか自分では不十分なように感じました。